不用になった貴金属は買取業者にお願いして換金してもらおう

site map
金とジュエリー

傷が多くても諦めず貴金属買取にチャレンジしてみよう

お金

ジュエリーなどをあまりにも長く所有しているとその価値を忘れてしまいがちですが、持っている貴金属は買取してもらえば十分な金額になります。もちろん貴金属の状態にもよりますが、専門業者で買取を依頼すればそれなりの金額になるということを忘れてはいけません。たとえば金、プラチナ、銀でできたジュエリーや高級な時計は、価値のつきやすい貴金属だといえます。これらの貴金属を買取に出せば、まとまったお金になることもあるはずです。

この場合たとえ貴金属に傷みが多かったとしても、それで諦めてしまうのはもったいないです。なぜなら仮に傷みが多かったとしても関係なく買取してもらえる場合があるからで、諦めてしまったらそのチャンスをみすみす逃してしまうことになります。専門業者で買取を依頼すれば買取に応じてくれる可能性があるのですから、勝手に諦めてしまうことなく、ダメ元の気持ちでとりあえず買取を持ち込んでみるとまさかの高値になるかもしれません。

金、プラチナ、銀でできたジュエリーや高級な時計など貴金属の製品をまだまだ使う予定があるというなら買取に出すのはもったいないですが、もう何も未練がなければ買取してもらったほういいです。貴金属買取市場は思いのほか活発ですので、買取はしてもらいやすいです。

貴金属の買取ポイントは何?高額で買い取ってもらう秘訣まとめ

時計や眼鏡、指輪、イヤリング…ひと口に貴金属と言っても、アイテムごとに査定ポイントが違うということをご存知でしょうか。
専門業者で買取を依頼する場合には、自分が売りたいアイテムの特徴を知っておくと安心です。

まずは金の指輪やネックレスなどのアクセサリー類。
有名ブランドの貴金属の場合は、購入時の箱や保証書などを忘れずに持参していきましょう。
有名ブランド以外は基本的に単位での買取となります。
地金の変動によって買取価格が変わるので、「売りたい」と思ったタイミングで金の値動きを確認しておくことをおすすめします。

次は、ダイヤモンドなど宝石がついいた貴金属の場合。
金のg単位での買取金額に加え、宝石の価格がプラスされることが多いです。
宝石の鑑定士が在籍しているかどうかで買取金額が大幅に変わるので、宝石付きの場合は宝石の取り扱いが得意な買取業者を選ぶことをおすすめします。

最後は金の眼鏡です。
流行などに左右されにくいアイテムのため、基本的に単位の買取が主流です。
なお貴金属のみの買取となるので、レンズや鼻あての重量は含みません。
外せるようならば外して置き、難しければ買取の際に外してもらうといいでしょう。

以上3つのコツを抑えておけば、買取の際にも安心して査定してもらえること間違いなしです。

片方しかないピアスも買い取ってもらえる?貴金属の買取について

貴金属の買取は、有名ブランドのものでなければいけないと思い込んでいませんか?
綺麗じゃないと買い取ってもらえない、古いと買い取ってもらえない、付属品がないと買い取ってもらえないという噂もあるようです。
確かにそのような専門業者も存在します。

でも最近の貴金属買取の主流は、単位での買取です。
多少汚れていても、年季の入った貴金属でも、箱や保証書などの付属品が揃っていなくても買取してもらえます。
更には片方しかないイヤリングやピアス、宝石が取れてしまった指輪、レンズが割れてしまった金の眼鏡なども買い取り対象になります。
ちょっと驚きです。

「こんなもの売れるのかしら」と不安な場合は、貴金属を単位で買い取ってくれる専門業者で買取を依頼しましょう。
買取業者の公式サイトには、どのようにして貴金属の買取金額を査定しているのか明記されているはずです。
買取方法について一切書いていない場合は、実際に店頭に足を運んでみるか、メールや電話で問い合わせてみましょう。

買取金額に不満を残さないためにも、気になることは事前に聞いておくのがベターです。
相談や査定だけならお金がかからない業者がほとんどです。
ご自身が思っているよりも高値で貴金属を買い取ってもらえるケースが増えてきているので、不要なものがあればまとめて査定してもらうといいかもしれません。

headline

  • 専門業者は貴金属買取の買取方法が店頭だけではない

    黄色の石の指輪

    店頭における買取だけではなく出張や宅配による買取も可能としているのが、専門業者で買取を依頼した場合の貴金属買取です…

    readmore
  • 早く高く貴金属アイテムを買取してもらうには事前査定が大切

    貴金属

    長年愛用していた貴金属のジュエリーなどで、今はもう似合わない、或いは、好みのブランドやデザインが変わった等の事情で…

    readmore